Grand Vision

WORKS

在宅介護事業「おるけん」ブランディング&マーケティング戦略策定

株式会社ワーコン

​​□ブランディング □商品開発  □クリエイティブ制作 □テレビCM/ブランドムービー

□タグライン/ブランドステートメント □ブランドサイト/コーポレートサイト 

プロジェクト概要
概要 高齢者の医療・生活面をトータルサポートする株式会社ワーコン様の見守りロボット事業のプロデュース
背景 「病院や施設で暮らすのではなく、大好きな家で過ごしたい」と言う想いを叶える在宅医療・介護

の実現を目指し、「福岡市実証実験フルサポート事業」として進んでいた本プロジェクト。

サービスローンチ日が迫る中、どのようにサービス化したら良いか悩まれており、弊社にご相談をいただく。
課題 ・事業設計ができていない

・ロボット、機材の機能や役割が分かりづらい

・安心感が伝わりづらいクリエイティブ
具体的な施策

プロデュースにあたり、まずは本サービスの特徴について、実証実験の結果やヒアリングを実施。 その上で、コンセプト設計を行い、そのコンセプトに即してネーミングやデザインを制作。 青木社長が、患者によく声かけしていた言葉である「ここに、おるけんね」という言葉からサービス名 「おるけん」を開発。また、24時間心拍数などをモニタリングするスタッフを分かりやすく表現するため 「みまもり看護師」という名称、在宅医療用対話ロボットに孫のような存在に感じてもらうべく「anco」 という商品名や、医療・介護サービスであることが伝わりやすく、愛着の持てるよう、ナースを模した ロボットデザインを制作。結果、各メディアに大きく取り上げていただくことができた。

動画のサムネイル