NEWS

ロゴデザイナー・梶原道生さんを迎え、ブランディング勉強会を行いました。

2018/05/29

作り手と使い手の関係性を近くするデザインを学ぶ

「カジワラブランディング株式会社」の代表取締役であり「九州アートディレクターズクラブ」の代表でもある梶原道生さんをお招きし、5月25日(金)にグランドビジョンのオフィスでブランディングセミナーをして頂きました。

業界を代表するアートディレクターであり、随一のロゴデザイナーである梶原さん。単なるデザインとしての広告制作に疑問を感じ、2005年に独立。それからは企業の課題解決に主眼を置き、ブランディングのための一貫したイメージ構築を可能とするロゴの制作を手掛けられています。

「人々の潜在意識の中にある漠然とした“不”が解消され、幸せなイメージを実態にすることがデザイン本来の役割です」と話す梶原さん。

ロゴは単なるデザインではなく、作り手(企業や商品・サービス)の特徴を、使い手(生活者、ユーザー)が無意識に受け入れることができるよう、その関係作りを後押しするものだということでした。

見た人がどう感じるかが重要であり、幸せなイメージをどう実態化させるか、ユーザーの行動をコントロールするためにはどうすればいいのかというお話の数々は、ブランディングの本質を深く知ることができる貴重なものでした。

選んだロゴで性格がわかる?梶原さんの「ロゴ占い」!

また、勉強会の後半に行われた「ロゴ占い」は、参加者それぞれが持ち寄った好きなロゴから、梶原さんが性格・適性診断を行うというユニークなもの。

ロゴのフォント、イメージからその人の性格や傾向を解き明かすというのが趣旨ですが、それぞれの表の部分だけでなく内に秘められた性格や、仕事に必要な資質などについて梶原さんが的確に当てられるので、一同大盛り上がりとなりました。

梶原さんによる今回の勉強会は、グランドビジョンのブランディング事業の考え方と一致する部分が多く、またその考え方を引き上げて頂くような内容で、新入社員だけでなく参加者全員にとって価値ある時間となりました。

本質的でありながら楽しくわかりやすいセミナーをして頂き、梶原さん本当にありがとうございました!