NEWS

映像プロデューサー・加藤のNY視察研修(1)

2017/10/24

GV、3年連続のNY視察。広告業界の最先端を映像プロデューサー・加藤が体験。

2015年、弊社代表・中尾からはじまり、2016年の常務取締役・白坂と続いたNY視察。今年は映像プロデューサーの加藤が、9月23日から行われた『宣伝会議NY視察研修2017』に約5日間に渡って参加しました。

まず1日目はPlaystation Eastにて行われた、マーケティング&コミュニケーションのトップリーダーが集まるイベント『Advertising Week』にて「今後の広告業界の変化やその対応策」などについての講演を聴講。

イギリスのロンドンに本拠地を置く世界第1位の広告代理店グループ。WPPグループのCEOマーティン・ソレル氏の貴重な講演も聴講してきました。

GVの同じビジネスモデルの企業も!老舗から新進企業まで、世界的に注目を集める有力企業を訪問。

そして、2日目からはNYにある広告会社、全11社を訪問することに。

AOL社と米Yahoo社が結合し、超巨大企業になったOath社。世界1位の広告代理店WWP傘下のデータインベントを支えるKANTAR社。行動心理学を広告に積極的に取り入れているOgilvyRED社。

そんな数々の名実ある企業の中には、グランドビジョンと同じビジネスモデルを提唱している会社が!

チャネルだけでなく事業成長に付随するすべてを画策し、広告の枠組みを超えたサービスを提供するAnomaly社。そして「End to End」を掲げ、クライアントの仕事を最後まで手がけることを哲学とするHUGE社。この2社は、まさにグランドビジョンの事業モデルを世界都市NYで体現し、高い成果を出している企業であると感動。グランドビジョンのビジネスモデルは間違っていない、という確信を持ちました。